Message メッセージ

 東京理科大学の教育研究から、2014年4月に独立行政法人理化学研究所へと異動をいたしました。13年にわたる東京理科大学での研究開発へのご支援に感謝しております。
 理化学研究所は、日本で唯一の自然科学の総合研究所として、物理学、工学、化学、生物学、医科学に及ぶ広い分野で研究を進めています。理化学研究所は渋沢栄一らにより財団法人として創設され、理化学興業株式会社として数多くの生産会社を設立し、理研コンツェルンとして日本の科学と産業の発展に大きな寄与を果たしてきました。
 いま日本の社会構造はグローバル化し、産業構造も変化し、再び世界の中で日本が果たすべき役割が問われています。私たちは、科学技術研究を発展させることによって、21世紀の日本の未来や人類の幸福、国際的な貢献を目指し、次の時代に受け継がれる技術や産業を創造したいと考えています。
 研究開発における私たちの理念は、「革新的な医療」の創出につながる技術開発です。生命科学の研究領域の中でも「器官再生医療」の技術の創出を重点研究課題として位置付け、その臨床応用の実現を目指しています。私たちは、これらの研究推進のため、株式会社オーガンテクノロジーズを起業し、共同で研究開発を進めています。わたしたちは、理化学研究所における学術的な基礎研究と社会に貢献しうる研究開発を融合一体化させ、より効果的な研究開発を目指しています。
 わたしたちのプロジェクトの基盤技術開発は、学術的な基礎研究としての高い価値を有するだけでなく、革新的な医療の創出に関わる基盤技術の知的財産の創出や新規産業へと発展することにより高い経済効果が期待され、国策ともいうべき重要な課題としての意義を有しています。私たちは生命科学研究からよりよい未来を拓いていくことを目指します。


2018年4月

辻 孝理化学研究所
生命機能科学研究センター
器官誘導研究チーム
チームリーダー

理研CDB 辻 孝
pagetop