Philosophy 本研究室の理念

わたしたちの理念は、「学術への貢献」 「社会への貢献」 「人材の成長への貢献」です。
この運営理念は、大学における研究を通した教育はもとより、社会の一員として私たちが研究室として行う研究活動への姿勢を表現するものです。

学術への貢献

研究活動を通して学術的に価値ある研究成果をあげ、人類の知識を深めていくことに貢献します。
  • 生命科学、なかでも再生医療・糖鎖生物学・細胞生物学分野で基礎研究を通して未知なる分野を開拓していきます。
  • 新しい挑戦を続け、革新的な技術開発に取り組んでいきます。
  • 研究成果の情報を発信し、学術の発展に貢献します。

社会への貢献

基礎研究の成果を新しい医療の実現に向けて臨床応用化研究を推進します。
  • 臨床応用化につながる基礎研究を推進します。
  • 日本オリジナルな治療薬・治療技術の確立を目指します。
  • 民間企業との共同研究活動を通して臨床応用への実現を目指します。

人材の成長への貢献

社会で役立つ研究を進め、人々の健康と福祉に貢献します。
  • 社会のニーズにあった研究開発を推進します。
  • 研究で得られた成果を社会に役立つ技術や創薬へつなげていきます。
  • 治療満足度が低い疾患に対して革新的な技術開発を進めていきます。
  • 新規産業の開拓を目指し、日本の国益に貢献します。
研究室の理念と存在意義
pagetop