Achievement 研究業績

アイコンの凡例

2018年

毛髪再生

2018.10.11 

本研究室は、昭和大学と「マウスES 細胞から機能的な唾液腺器官の再生に成功」に関するプレスリリースを行いました。

more(PDF)

2017年

2017.12月 

「Proc Natl Acad Sci U S A」に「毛包と表皮の形成における亜鉛の役割を解明」に関する研究成果が掲載されました。

2016年

2016.4.2  

「Science Advances」に「マウスiPS細胞から皮膚器官系の再生に成功」に関する研究成果が掲載されました。
more

2015年

2015.4.22

「Scientific Reports」に「摘出臓器の生体外長期保存・機能蘇生技術を開発」に関する研究成果が掲載されました。
more

2013年

唾液腺涙腺再生

2013.10月

「Nature Communications」に「機能的な唾液腺の再生」および「機能的な涙腺、脂腺の再生」に関する研究成果が2報同時掲載されました。
more

2012年

毛髪再生

2012.05.28

「Scientific Reports」に「成熟再生毛包移植による毛髪再生」に関する研究成果が掲載されました。more
毛髪再生

2012.04.18

「Nature Communications」に「成体毛包由来幹細胞による毛髪再生を実証」に関する研究成果が掲載されました。more
毛髪再生

2012.03月

「Journal of Dermatology」に「成体の毛包は、皮膚内において立毛機能を自律的に回復する機能を有する」ことに関する研究成果が掲載されました。more(PDF)

2011年

歯科再生

2011.07.13

米国科学雑誌「PLoS ONE」に「再生歯ユニットによる歯・歯周組織の包括的な再生」に関する研究成果が掲載されました。
more
器官デザイン歯科再生

2011.01.19

Biochemical and Biophysical Research Communication誌に、『歯の形態制御』に関する研究成果が掲載されました。
more

2009年 ~ 2005年

歯科再生

2009.08.04

米国科学アカデミー紀要(PNAS)に『機能的な歯の再生』に関する研究成果が掲載されました。more
歯科再生

2007.02.19

Nature Methods誌に、『歯の再生』に関する研究成果が掲載されました。more
 

2005.10.18

米国科学アカデミー紀要に『成人T細胞白血病の発症に関する論文』が掲載されました。more(PDF)
pagetop