研究室

組織形成ダイナミクス研究チーム

チームリーダー
倉永 英里奈(Ph.D.)

組織を形づくる多彩な細胞のふるまいを読み解く

多細胞生物の発生過程にはたくさんの細胞が、増殖・分化・接着・移動・死などの個性的なイベントを積み重ねて個体発生を成立させています。このような多彩な細胞のふるまいは、発生の時間軸のなかで互いに相互作用することで組織形成を成し遂げると考えられますが、そのシステムを解明するためには生体内での時空間的な情報を考慮した実験的アプローチ、つまり生きた個体のなかで起こる現象をリアルタイムで捉えるライブイメージングの手法が有効です。本研究室では、発生生物学の研究に有用でかつ遺伝学的知見が豊富なショウジョウバエをモデルとして選択し、組織形成が発生の時間軸に沿ってどのように制御されているのか、ライブイメージングと遺伝学的スクリーニングを用いて、個体・細胞・分子レベルで明らかにすることを目指しています。

研究テーマ

1. 組織形成における細胞死の生理的役割と制御メカニズム
2. 組織形成における集団的細胞移動を成し遂げる細胞平面の力学特性とその作動原理の解明
3. 表皮組織再編成を制御する非自律的細胞死シグナルの探索

Q:研究室の特徴を一言で表すと?

A:おもしろまじめ(が目標)

Q:尊敬する研究者は?

A:ジャン-アンリ・ファーブル

Q:研究の最大の魅力は何ですか?

A:ツンデレ?(色々考えていたら究極これが一番しっくり来ました)

Q:研究をする上での方針や哲学、座右の銘は何ですか?

A:生き物のことは生き物に聴く

Q:研究以外の興味や趣味はありますか?

A:テニス、ヒトカラ、映画館でキャラメルポップコーン

研究室ホームページ

kuranaga[at]cdb.riken.jp
[at]を@に変えてメールしてください

求人

体節後部領域に蛍光タンパク質を発現させたショウジョウバエ蛹の背側(左)と腹側(右)。黄色四角枠内は発生中の外生殖器の位置。
ショウジョウバエ雄性外生殖器のレーザー顕微鏡像。全ての細胞核をマゼンタ、体節の後部領域にある細胞核を緑の蛍光タンパク質で標識している。
蛍光タンパク質を融合させたカドヘリンを発現しているショウジョウバエ雄性外生殖器。
PAGE TOP