成長シグナル研究チームでは、ショウジョウバエをモデル生物として、
組織および個体の成長と、発生タイミングを制御する分子機構について
研究しています。





理研CDBにおいて2009年7月から研究を開始しました。

現在の主要な研究テーマ
 〇 成長を促進する昆虫インスリン様ペプチドの発現調節機構の解析
 〇 血中インスリン様ペプチド結合蛋白質の生理機能の解析
 〇 発生タイミングの遅延を引き起こす新規遺伝子の機能解析
 〇 体成長に関与する新規遺伝子の機能解析


モデル生物:キイロショウジョウバエ(体長3mm程度)




2017年12月11日
 Lab photoを更新しました。

2017年11月15日
 Lab photoを更新しました。


2017年5月17日
 八杉くん(元研究員)と山田くん(テクニカルスタッフ)の栄養ストレス環境下における
 トレハロース代謝の重要性を示す論文をSci Rep誌に発表しました。
  理研CDB-科学ニュース-に論文の要約を発表しています


2016年8月11日
 Lab photo、メンバーを更新しました。
 吉田さん(元大学院修士課程)と松田さん(元研究員)のトレハロース分解酵素に
 関する論文をSci Rep誌に発表しました。
  理研CDB-科学ニュース-に論文の要約を発表しています。

2015年11月16日
 Lab photo、メンバーを更新しました。
 岡本研究員のdilp5遺伝子発現に関する論文をDev Cell誌に発表しました。

  理研CDB-科学ニュース-に論文の要約を発表しています。
  ライフサイエンス新着論文レビューに要約を発表しています。





理研ニュース 2012年9月号
「栄養と成長の間をショウジョウバエで解く」

理研CDB –科学ニュース-(2012年2月10日)
インスリンの発現を調節するメカニズム:昆虫と哺乳類で保存された仕組み


RIKEN Research, 15 June 2012
Research Highlights : Treading a common path to metabolic maintenance


発表論文のプレスリリース(2013年1月1日)
「体の成長を制御するホルモンの新受容体を発見」報道発表資料


理研CDB –科学ニュース-(2013年1月9日)
インスリンの「おとり」受容体が体の成長を調節する


理研CDB –科学ニュース-(2014年12月22日)
ショウジョウバエが低血糖になると?


理研CDB –科学ニュース-(2015年11月26日)
栄養状態に応じた成長制御ホルモンの発現制御機構を解明


理研CDB –科学ニュース-(2016年8月24日)
トレハロースが体内の恒常性維持に重要なはたらき

理研CDB –科学ニュース-(2017年5月17日)
栄養不足環境を生き抜く鍵はトレハロースにあり




Home Research Member Publication Activities Lab photo Recruit Contact
 
Copyright (C) 2012 Laboratory for Growth Control Signaling, RIKEN CDB. All Rights Reserved.