サイトマップ お問合せ・交通アクセス ENGLISH
 
発生・再生科学総合研究センター  
 
研究室 ニュース 発生・再生とは セミナーと行事 求人募集 連携機関
         
 
ミッション
CDB概要
施設紹介
CDB紹介資料
国際連携機関
理研について
 
この疑問に答えることは、生物科学における最も中心的な課題の一つといえます。そして、その研究の中核を担うのが「発生生物学」なのです。
現在、進められているゲノムプロジェクトでは、膨大な発生・再生関連の遺伝子情報が得られる見通しです。ところが、これらの情報が、細胞によって具体的にどのように使われ、個体という高度に複雑な多細胞体制を実現するのか、という点は、ほとんど理解されていません。また、これまでの研究対象が、いわゆるモデル生物に限定されていたため、地球上に生息する莫大な数の「種」が、どのような発生様式の違いに基づいて多様化したのか、といった極めて基本的な問題も謎のままです。このような発生・再生の謎を解き明かすためには、今後さらに、他の研究分野との連携や先進的な技術の取り込みによる、より深い究明が必要となるでしょう。ここ数年、発生生物学の医療への応用性への認識は高まりましたが、その実現はまさに今後の研究にかかっています。
センター長
竹市 雅俊
Masatoshi Takeichi
かつて発生生物学は、「発生のメカニズムの研究」という、基礎研究に徹する学問でした。しかし、体の形成と維持という、生物存在のもっとも基本的な部分に関わるこの学問は、その進展とともに、応用分野に対して大きな影響を持つようになりました。とりわけ最近注目されているのが再生医療の分野です。ES細胞(万能幹細胞)やその他の幹細胞の分離が成功したことなどを契機に、損傷を受けた組織の再生さえも現実性を帯びてきました。そのような再生技術が完成すれば、医療や福祉の分野に大きく貢献するものと期待されています。

理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター(CDB)では、古典的発生学、分子細胞生物学、神経発生生物学、進化生物学、機能的ゲノミクス、バイオインフォマティクスなどの基礎的発生生物学に留まらず、幹細胞研究や、再生医療を目指す医学領域研究も併せて推進していきます。これらの広い研究領域をカバーすべく国内外から優れた研究者を招聘します。CDBでは個々の研究チームの独立性を尊重し、研究者の独創性・創造性を重視します。このように、自由な発想のもと、発生生物学における基礎研究と医学分野の研究を、同一の研究所内で行う点が本センターの大きな特長です。これらの異領域間の密接な相互作用により、新たな発生生物学の世界が展開され、21世紀の生命科学における、画期的な貢献が生み出されると期待しています。
理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター長  竹市 雅俊